関連記事 ボクオタ香川照之が「香川照之の熱病的思考法」を連載中止したわけ 「すこびる辛麺 激辛牛だしチゲラーメ […]

Googleマップのタイムラインからストリートビューを使う方法

2018-08-15 カテゴリ:情報 タグ:

Android端末とかでロケーション履歴を有効にしているとGoogleアカウントに自分の移動した位置情報を記録することができる。データはGoogleマップ→メニュー→タイムラインで一日単位で見られる。

ただしこの画面ではストリートビューが開けない。タイムラインを見ていて「ここどんなだっけ?」と思ってもその場でストリートビューを見ることができないのだ。Googleらしからぬ不便さ。

ちょっと調べたら下記のようにするとタイムラインとストリートビューを同時に見ることができた。

1.タイムラインを開く。:Googleマップ→メニュー→タイムライン

2.データをエクスポート。:右下の歯車ボタン→この日のデータをKML形式でエクスポート

3.マイマップを作成:Googleマップ→メニュー→マイプレイス→一番下にある「地図を作成」

4.マイマップにデータをインポートし保存:インポート→2でエクスポートしたデータをドラッグアンドドロップ→「無題の地図」となっているところをクリックし適当な名前入力

5.インポートしたマップを開く:Googleマップを再度開く→メニュー→マイプレイス→インポートした地図を開く

6.適当にいじる:「マイマップで開く」を選択しなんか適当にいじる

7.よくわからないけど何度か繰り返すと表示されるようになる

うまく行くとマイマップを開いたあと、左のメニューにロケーション履歴が一覧表示されるようになる。そうなったら地図に位置情報の履歴がラインで表示されるようになる。

手順の6と7は何が効いたのか未だに正解がわからないがとりあえず何とかなる場合が多いのでこれで良しとする。

ついでにGoogleにはタイムラインからストリートビューを見させてほしいとリクエスト投げておいた。