関連記事 GrimDawn ダガーって武器じゃなくてスキルと考えた方がいいのか??? GrimDawn DLC […]

GrimDawn 報復サヴィジリヴィンディケイター

2019-04-15 カテゴリ:Grim Dawn タグ:

FGで実装された報復殴りがすごく強いのでヴィンディケイターで試してみた。
まだ完成とは言えない段階だけど、まあまあ硬くてそこそこ強い。

https://www.grimtools.com/calc/gZwOx7JZ

グーリングダブルになっているが、これは俺がバカで間違えたのではなく、キチガイだからこうしたのだ。報復の場合、指輪はあまり決まった装備がないように思う。

■雷報復サヴィジリィ
神話級ドーンブレイカーセットは
・ドーンブレイカーのスレッジ:サヴィジリィに8%報復ダメージ追加
・4セット効果:サヴィジリィに18%報復ダメージ追加
が付与される。
合計26%の報復ダメージで殴ることができる。

サヴィジリィは報復殴りの発射台でしかないので本体は1振りでも良さげ。
ポイントはテナシティとストームタッチに集める。

あと、雷のダメージ修正も必要ない。
報復ダメージ追加は本当に報復ダメージを追加するだけなので、雷報復であっても雷ダメージの修正はかからない(多分)。

■火力アップ1:物理→雷変換
FGで報復ダメージの多くが物理化したのでこれを物理→雷変換することで火力を上げる。
このビルドでは
・ドーンブレイカーセット:40%
・砕けた磁鉄鉱:10%×2
・ストームコーラーズパクト:15%
合計75%程度の変換が可能。

戦争の使者のスキルとか、オベリスクとか、大量に出力される実数物理報復の75%が雷報復に変換される。

■火力アップ2:クリダメ
通常の報復はクリティカルが発生しないが、報復殴りはクリティカルあるっぽい。
物理→雷変換と同時にクリダメ修正のためストームコーラーズパクトを取った。

ただし現状のOAがテナシティ込みでも2400程度なので、もうちょっと積みたい。

■火力アップ3:ターゴのハンマー
報復殴りなら取りあえず取った方が良さげ。最終的に15%の報復ダメージが乗るので殲滅力は大幅に増す。

■耐性低下
物理報復ウォーロードと比較すると耐性低下の手段が若干豊富。加えてあっちは耐性減少の肝であるアサシンのマークがクリティカル時発生という問題点がある。
ドーンブレイカーのスレッジ:-15
レイジングテンペスト:-35%
アルケインボム:-35%
ここまでで合計-85

スレッジがAなのでエレメンタルストームを取るかは微妙。
また排他は懲戒にした方が耐性低下的には有利だけど、前述の通り今はクリダメと変換のためにストームコーラーズパクトを取っている。

■難点
耐性パズルがかなり難しい。リニューアル込みで組まないと多分成立しない。
火力を少しあきらめて緑装備で補えれば多少はマシになるかもしれないけど、超過を積むのは相当困難。なので盾持ち報復の割にそれほど固くならない。

■感想
FGエリアを散歩した程度だけど、報復殴りウォーロードの劣化版という感じは否めない。
とは言えFG前に比べれば格段に快適になったのは間違いないので、オースの育成間に合わないかもという人には、報復殴り祭りへの手軽な参加手段としていいんじゃないかと思う。
早くしないと多分ナーフされるだろうし。