関連記事 Skyrimに飽きてきた Skyrim ソリチュードの帰りにマルボーンが殺された Skyrim 闇の […]

オナホール孤児院とかいうスカイリムに登場する施設

2014-10-23 カテゴリ:skyrim 糞記事 タグ:

昨日スカイリムやってたら「オナホール孤児院」とかいう場所が登場した。

その孤児院ではババアがガキを虐待している。そこから逃げ出したガキの頼みを聞いて、その虐待ババアを殺すというミッションが発生したのだ。

ガキが俺にババア殺害の依頼をしてくるとき、子どもの声で「オナホール孤児院には…」「オナホール孤児院に行って…」みたいに「オナホール」という単語を連発してくる。深夜にも関わらずウヒヒヒと笑ってしまった。

早速孤児院に行くと、件のババアがハートマン軍曹みたいにガキを罵っている。話しかけると「あんたなんか怖くないよ!」「やれるもんならやってみな!」みたいなことを言ってきた。どうやらもう殺してもいいらしい。

ノー犯罪でプレイしたいと思っていたのだが、それはできないようだ。せめて他人にやらせようと思い、ウェアウルフを召喚してみたのだが、ババアを敵だとは認識しないらしく攻撃してくれない。

仕方なく自力でババアを殺した。炎の魔法を使ったら一瞬で死亡した。

ちなみに孤児院の正確な名前は「オナーホール(honorhall)孤児院」らしい。やっぱり日本国内でのみ有名なようで、主のババアはオナホババアとか呼ばれているようだ。

オナホババアを殺すと、孤児院のガキ共は「あのババアが死ぬなんて!」「やったぜ!」みたいなことを口々に言いはじめる。

アシスタントみたいな姉ちゃんもいるんだけど、そいつは「殺さないで!」って言いながら逃げていく。なぜか逃げていった先で「今度は見逃してあげるわ」とか言われて、何だこいつと思った。

その後、依頼されたガキのところに戻ると、ガキから家宝を託される。どんなお宝かとワクワクしながら見てみると、100円のきたねえ皿だった。

てめえもぶっ殺してやろうかと思ったが、やめておいた。