関連記事 Skyrim ソリチュードの帰りにマルボーンが殺された Skyrim 闇の一党のアストリッドを殺した […]

Skyrim ぼくのかんがえた効率プレイ

2015-04-28 カテゴリ:skyrim タグ:

巨人の野営地に行って巨人とマンモスを狩るといろいろ捗る。

巨人を倒すと手に入る「巨人の小指」。こいつが錬金術の素材としてかなり優れている。「巨人の小指」+「小麦」で作れる体力回復か何かの薬が、何と2000円以上で売れる。高額すぎて買い取ってもらえないぐらいなんだが、話術を上げて「雑貨商」のスキルを身に付ければどの商人に何でも売れるようになって、高額の薬もどんどん売れるようになる。結果、使い切れないくらいの金が手に入る。

巨人を倒すと同時にマンモスも倒す。マンモスは魂の大きさが極大なのが特徴。大して強くもないしすぐ見つかるので魂石補充に好都合。

さらに、マンモスも巨人も攻撃力はそこそこあるので、軽装、重装、防御など、ダメージを食らうことで成長するスキルも上げやすい。弓とかでピシピシ削りながらダメージ受けて、死にそうになったら逃げながら回復魔法で回復を繰り返し、止めは魂縛を付呪した武器を使えばいい。

巨人の小指が貯まったら材料屋で適当に材料買って、高額の薬をバンバン作って錬金術を上げる。小麦はどこでも普通に売ってるのでわざわざ探す必要はないと思う。

このローテが今んとこ一番効率良さそう。

巨人の野営地も結構あるのでファストトラベルでグルグル回っていれば延々と回り続けることができる。むしろ問題は空の魂石がすぐなくなるというところだろうか。

そろそろ鍛造術、錬金術、付呪のスキルがカンストしそうな感じ。最強武具を作るという当初の目標実現にかなり近付いてきた。

ところで調べたところ、鍛造術をマックスまで上げて鍛錬すると、重装でも軽装でも両方とも防御力がカンストしてしまうそうだ。となるとあまり重装にこだわる必要は無さそうなんだが、じゃあ見た目で選ぶかってなるとやっぱデイドラの装備が一番かっこいいように思う。重装スキルを全部習得していれば重さもほとんど無視できるし。

ドラゴンの装備が糞ダサいなと思ってたんだが、ドラゴンの鍛造術で作れる装備には「ドラゴンボーンの~」と「ドラゴンスケールの~」の2種類あるんだそうだ。俺がダサいと思ったのはドラゴンボーンの方で、ドラゴンスケールの方は結構かっこいい。

ドラゴンボーンの装備はなんであんなにダサいのか。割り箸とかメンマとかそういうもんでできているように見えてしまうぞ。