関連記事 Skyrim 両手武器のスキルをレジェンダリーにした Skyrim ソリチュードの帰りにマルボーンが […]

Skyrim 最強装備暫定版

2015-04-30 カテゴリ:skyrim タグ:

まだ完全ではないのだが、暫定的に最強武具を作成してみた。

まず、ベースとなる以下の武具を作成する。盾はあまり使わないので作らなかった。

●ベースとなる武具
・ドラゴンスケールの鎧
・ドラゴンスケールのブーツ
・ドラゴンスケールの兜
・ドラゴンスケールの篭手

最初の鍛造では鍛造術の能力とは無関係に一律同じステータスの武具ができ上がるそうなので、特に薬類は使わずそのまま作った。

薬を使うのは鍛錬して強化するとき。鍛錬の際に鍛造術の能力値が成果を左右するのだ。

強力な武具を鍛錬するのに必要なものは以下のふたつ。

●最強武具の鍛錬に必要なもの
・鍛造上昇を付呪した武具
・鍛造上昇の薬

まず鍛造上昇を付呪した武具が必要なのでこれを作る。鍛造上昇武具の作成に必要なものは下記の通り。

●鍛造上昇武具の作成に必要なもの
・胸、指、手、首の武具
・付呪上昇の薬

装備に鍛造上昇の付呪を施す際は、付呪上昇の薬を使った上で行う。こうするとわずかだが出来上がりの鍛造上昇の値が上昇する。付呪上昇の薬を飲み、頭、腕、手、首の各武具に鍛造上昇を付呪する。20くらい上がれば上出来らしい。

ここで飲む付呪上昇の薬だが、これも普通に作るのではなく、錬金術上昇の武具を装備し錬金術上昇の薬を飲んで作成する。

付呪上昇の薬の作成に必要なものは以下の通り。

●付呪上昇の薬の作成に必要なもの
・錬金術上昇を付呪した武具
・錬金術上昇の薬
・材料

錬金術上昇を付呪した武具の作成に必要なものは以下の通り。

●錬金術上昇武具の作成に必要なもの
・頭、指、手、首の武具
・付呪上昇の薬

ここで付呪上昇の薬を作り、それを飲んで錬金術上昇を付呪するわけなんだけど、実は、そうやって作った錬金術上昇の武具を装備した上でもう一度このプロセスを繰り返すというのが本当のやり方になる。そうすれば付呪上昇の薬の効果がさらに高まるから。

たださすがに武具をもう一揃え用意するのは面倒だし、あくまで途中経過の暫定版なのでここはやや省略して進めた。元々持っていた錬金術上昇装備と、薬を飲まずに錬金術上昇を付呪した装備で我慢。

上記の通り錬金術上昇武具を作成したら、薬の作成時は全てこれを装備して行う。

ドラゴンスケールの武具は軽装。これまでずっと重装でやってきたので軽装のスキルはまだあまり成長していない。しかし巨人に殴られても100ぐらいのダメージで済むようになった。

もうひとつ、ついでに作ったデイドラの剣がかなり強い。片手剣のスキルもまだ50ぐらいで全然なんだが、既に以前使っていた両手武器の破壊力をはるかに上回っている。片手武器のダメージ上昇を付呪した首飾りと指輪が効いてそう。

錬金・付呪・鍛錬を覚えるとプレイの幅が広がって楽しいわ。他のスキルもはやく上げてみたい。