関連記事 GrimDawn アルティメットをクリアした さて次は何しよう GrimDawn 新クエストで糞強い […]

GrimDawn 使えるアイテムかそうでないかの判断基準

2016-09-05 カテゴリ:Grim Dawn

このゲーム、とにかく倉庫がすぐいっぱいになる。レジェンダリはともかく、エピックとか残しておいても使わないままただただ場所塞ぎになることが多い。

エピックとかレアで、残すべきかどうかの基準について書いておく。

■セット効果

エピック以上の装備にはセット効果を持つものがある。全部揃わなくても2個3個でじゅうぶんな効果が得られるものもあるので、そういうのは1セット分残しておくことにしている。

例えば「探検家の衣服」とか「近衛兵」シリーズとか「破滅」シリーズとか。エピックは最終装備にはまずならないけど、序盤~中盤あたりでうまく使うと結構ラクになる。

■スキルプラス効果

エピックの武器に意外と多いのが各マスタリの全スキル+の効果を持つもの。これもやっぱり最終装備にはなりにくいけど、中盤~後半にかけて使う場面はなくもない。

俺の場合、まだ十分なアイテムを確保できていなかった1stキャラの武器として「レイザーリーフ グレイヴ」という両手剣を使っていた。この武器はシャーマンの全スキルが+1されるため、スキルポイントの節約に重宝した。

1stキャラはその後ストームリーバーに持ち替えたのだが、レイザーリーフグレイヴは結構な期間使い続けたと思う。

■アイテムスキル

エピックでも武器の場合は最終装備になり得る。例えば今育成中のペットカンジュラーでは、「ブラックグリモワールオブオグナペッシュ」というオフハンドが最終装備候補になっている。

これには「サモンレヴナントオブオグナペッシュ」というアイテムスキルが付与されていて、レヴナントを1体召喚することができる。貴重な常時召喚可能ペットなので、おそらく最後まで使い続けることになると思う。随時召喚のペットなら他にもあるんだけどね。

■高耐性

耐性パズルを楽にしてくれそうなアイテムもいくらか残してある。特にリング、アミュレット、メダル。このあたりってレジェンダリで固めると耐性がガバガバになりやすい。どこか1カ所でいいので「インコラプティブル」なんかのアイテムを入れておくと耐性パズルがラクになる。

耐性見る時のひとつの基準は、アルティメットの場合、(火・氷・雷・毒・刺突)130%+(出血・生命・イーサー・カオス)105%を武器とレリック以外の装備箇所である11で割った97より耐性の合計値が多いかどうか、で見ている。

簡単に言って、そのアイテムの耐性値を全部足して100以上なら使うかも、と考えて取っておくことにしている。ただし、高耐性でも脚とか靴とか肩とかだとやっぱレジェンダリの方が使える場合が多い。

超級レア探しとかロマンはあるけど、実際使えるものとなると入手難度はかなり高いように思う。