関連記事 GrimDawn デスマークシリーズ装備の刺突冷気ブレマス GrimDawn 雷両手近接ウォーダーの […]

GrimDawn ブレマスの育成にえらい手間取った

2016-09-29 カテゴリ:Grim Dawn タグ:

5キャラ目のブレイドマスターを育成している。今レベル74で、もうすぐデスマークシリーズを装備できるようになる。だがここまでの育成が大変だった。

■火力が出ない

とにかくエリート入ってから火力の無さが絶望的なレベル。二刀流の火力を頼みにスキルポイントはほぼ全部ナイトブレイドに注いだ。ソルジャーにはマスタリ1ポイント振っただけ。

ヒドゥンハンド除くデュアルブレイズ系統を取りつつ、並行してマスタリを伸ばす。適当なところでニューマチックバースト、ブレイドバリア、シャドウストライクを取り、回復、緊急回避、移動速度を確保。余裕が出たところでファンタズマルアーマー、ベールオブシャドウ、リングオブスチールなんかを取った。

星座は刺突ダメージの伸びるものを中心に取得し、確かエリートのAct3あたりで無名戦士を取った。この時点で刺突修正は500%ぐらいだったと思う。

ところが本当に全く糞みたいな火力しか出ない。特に複数の敵に囲まれると逃げ回りながらシャドウストライクを当てるくらいしかできなくてものすごいフラストレーション。

しばらく我慢して続けてみたんだが、これはこのまま刺突ダメを伸ばしてもうまくいかんという結論に至り、ビルドの組み直しをすることにした。

共有スタッシュから明晰のトニックを取り出しイッキ呑み。酩酊状態のまま霧の土手に向かいスリスタンを拾う。結局毒酸ビルドがラクなんだ!

■刺突→毒酸に転職

エリートのスリスタンは装備可能レベルが50。当時のレベルは46ぐらいだったので必死になって50まで上げた。星座は忌まわしきものの腐敗の爆発を取ってブレイドスピリットにアサインした。

腐敗の爆発はシジルとか設置型スキルで発動する場合、爆発の中心がプレイヤー本人になる。置き逃げしたいときとかちょっと使いにくかった。

だがブレイドスピリットの場合は本人ではなくブレイドスピリット中心に爆発してくれる。おかげで結構強力な遠隔攻撃が可能になった。

装備も毒酸上がるもの中心にし、レベル50時点で確か毒酸修正が600%ぐらいあった。毒酸特化としてはそれほどでもないが、過渡期を凌ぐには十分だった。そしてやはり腐敗の爆発があると安定度が違う。1.8秒の混乱はペラペラビルドにとって非常にありがたい。

結局この急造毒酸ビルドでアルティメットのAct4まで進めることになった。その道中でデスマークのジャケットを拾い、デスマークシリーズコンプリート。そろそろ目的の冷気刺突ビルドに戻しますか! と決意し、再び明晰のトニックを手にした。

■弱くはないけど強くもねえ!

で、レベル70くらいで刺突ビルドに戻してみた。そこそこまともなダメージは出せるようになったんだが、多分毒酸ビルドで進めていた方が火力は上がっていたと思う。今の装備はこんな感じ。

2016093001

オフハンドに装備している三日月がナイトブレイド全スキル+1の効果を持っており、なかなか使える。これもしかしたらデスマークシリーズの武器どちらかを外す可能性もある。

メインハンドはネックス。冷気ダメージがそこそこ上がるのでこれもまあ火力アップに貢献してくれている。

しかしこれら以外の装備は基本的にどれも冷気・刺突とシナジーがない。バラバラなのだ。

多分近い内にデスマークシリーズに装備を切り替えると思うのでまた感想を書こうと思っている。デスマークシリーズは耐性の確保が難しいようだが、リングで稼げば何とかなるんじゃないだろうか。